フェイスブックを利用した地域コミュニティとの連携

地元のコミュニティにもっと参加したいと思っていても、オンラインで仕事をしていたり、人見知りだったり、社会不安があったりして、これまで参加できていませんでした。

その結果、ネット上では知られていても、地元でのつながりはほとんどありません。

しかし、このような状況に陥っても、心配する必要はありません。

地元のコミュニティにもっと参加したいけど、まだ知り合いがいないという人も、大丈夫。フェイスブック。を使って、ネット上の居心地のいい場所から始められます。

  • プロフィールの修正:グループに参加する前に、自分のプロフィールを修正しましょう。プロフィールは一般に公開しておきましょう。フェイスブック を個人的な目的で使うことに慣れているので、これは怖いかもしれませんが、地元の人々があなたを信頼するためには、あらゆる方法であなたのことを知る必要があります。そのページを開き、プロフィールを洗練させ、グループ、ウェブサイト、ブログなどのオンライン上の不動産をリンクするようにしてください。
  • たくさんのグループに参加する:まず、いくつかのグループに参加してみましょう。まだ完全に参加するつもりはないという考えのもと、5~10のグループから始めましょう。何があるのかを知りたいだけなのです。
  • 自己紹介:新しいグループでは、そのグループのガイドラインに沿って、時間をかけて自己紹介をしましょう。グループによっては、リンクを共有することを望まない場合もありますし、気にしない場合もあります。しかし、あなたのプロフィールは公開されています。つまり、あなたの紹介文が彼らにとって十分に興味深いものであれば、彼らはあなたを見つけることができるのです。
  • グループを見る:グループに参加すると、その活動を監視したくなります。グループのモデレーターやオーナーが誰なのかを確認し、自分が他の人とつながっているかどうかを注意してみてください。すぐに全員と仲良くなろうとしないでください。フレンドになってくれる人はいいのですが、全員とフレンドになるような積極的な行動はやめましょう。
  • ルールを読み、守ること。ルールを読むことを怠ってはいけません。掲載されていることもあれば、アーカイブにあることもあります。常にすべてのアーカイブに目を通す。グループによっては、誰でもアーカイブを追加できるようになっているので、これは重要な機会として覚えておきましょう。
  • すぐに売り込みを始めてはいけません。実際、招待されない限り、自分のグループではないグループで売り込みをしてはいけません。むしろ、自分の専門性を示すディスカッションに参加しましょう。自分が何かの専門家であることを示せば、人々はあなたに集まってきます。
  • メンバーのためのリソースになる:メンバーから質問があったとき、あなたが答えを知っている場合は、メンバーを助けてあげましょう。メンバーに無料で親切なサポートを提供できれば、それに越したことはありません。5分以上かかるようなことは無料ではできませんが、誰かの問題を簡単に解決する手助けができれば、あなたのことを知ってもらえるでしょう。
  • 1つのグループを選んで集中しすぎる:グループを知ると、少なくとも1つのグループが好ましいものとして際立っていることに気づくでしょう。その1つを選んで、より個人的に関わるようにしましょう。この時点で、他のグループが関係ないと判断した場合、そのグループを退会することもできます。
  • 最初の対面式イベントに行く:最も参加したいグループを選んだら、最初の対面式イベントに行ってみましょう。その際、全員に声をかけましょう。一人にばかり声をかけようとしないでください。一人の人にばかり話しかけようとしないで、必要に応じて会場を回り、リーダーには必ず自己紹介をしましょう。あなたが引き継ぐことを誰も恐れないように、3回目のミーティングまで待って、ボランティアで何かを始めましょう。
  • 自分のグループを立ち上げる:本当に良いことは、自分の地元のネットワーキンググループを立ち上げることです。あなたが他のグループに参加すると、人々はあなたのプロフィールからあなたのグループを見て、参加するように宣伝されます。自分のグループを他のグループに宣伝してはいけません。
  • ボランティア活動を始める:グループに受け入れられると、ランチに誘われたり、アドバイスを求められたり、さらにはボランティア活動をしてくれないかと言われたりするようになるでしょう。リーダーはメンバーから最も信頼される存在なので、この機会を利用しましょう。

自分の専門性を模範として自由に示すことで、グループのメンバーと良好な関係を築きやすくなります。

人は優しさや親切な人のそばにいるのが好きで、包容力はありません。

威圧的ではない方法で視聴者のリソースとなることで、視聴者をどれだけ大切に思っているかを示してください。

心配しなくても、本当に欲しいものがあれば、あなたのところに来てくれるし、他の人にも勧めてくれるでしょう。

販売ページや購入リンクを用意しましょう。

ポッドキャストを聞く 🎙 ここでは、すべてについて話します。

Escucha”Here We Talk About Everything” en Spreaker.

あなたの寄付で私たちを助けてください ⬇⬇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です